様々なジャンルのショート動画を気軽に楽しめるTikTokは、新しいスタイルのSNSとして特に若者世代から注目を集めています。

そんなTikTokは、ショート動画を見て楽しんだり、投稿して楽しんだりするだけでなく、ビジネスとして活用することもできるのです。

この記事を見ている方の中にも、TikTokの収益化に興味を持っている方がたくさんいるでしょう。

今回は、そんなTikTokで収益化を狙うメリットややり方、具体的なコツや注意点について詳しく解説していきます。

TikTokで収益化を狙うメリットは?

では早速、TikTokで収益化を狙うメリットについて詳しく見ていきましょう。

ライバルが比較的少ない

近年では、SNSが当たり前の存在となっており、多くの方が何らかのSNSを日常的に活用しています。

その中でもTikTokは比較的新しく、比較的ライバルが少ないことから、今始めることによって先行者利益を狙いやすいと言えるのです。

もちろん、年々ユーザー数を増やしているSNSですので、全くのブルーオーシャンかと言われるとそういうわけではありませんが、

・X(旧Twitter)
・Instagram
・Facebook

などの古参SNSに比べるとまだまだライバルも少なく、ノウハウも出回っていないため、可能性や将来性のあるSNSに参入したいと考えている方にピッタリです。

若年層にアプローチしやすい

TikTokは、若年層から人気を集めているSNSです。

もちろん40代以降の男女も利用しているのですが、圧倒的に10代あるいは20代の利用者の方が多いため、若年層をターゲットとしたビジネスを展開したいと考えている方におすすめできます。

中には、

「暇さえあれば1日中TikTokを見ている」

という若者もいますので、効率的にターゲットに対してアプローチをかけていきたいという方はぜひTikTokに挑戦してみてください。

TikTok収益化のやり方

では次に、TikTok収益化のやり方について詳しく見ていきましょう。

【2023年開始】クリエイティビティプログラムベータに参加する

Creativity Program Betaは、TikTokで高品質なオリジナルコンテンツを奨励し、クリエイターに報酬を得る機会を与えるプログラムです。
このプログラムは、クリエイターのクリエイティビティを育み、収益獲得のチャンスを増やすために用意されています。

参加対象となるクリエイターは、以下の条件を満たす必要があります。

Creativity Program Betaの参加条件

・日本で登録されたTikTokアカウントを持っていて良好な状態であること。
・個人アカウントであること(ビジネスアカウント、政府や政治団体のアカウントは対象外)。
・18歳以上であること。
・フォロワーが10,000人以上であること。
・過去30日間の動画視聴数が100,000回以上であること。

報酬は、視聴数が1000回を超えると、「有効視聴数」を「RPM」で乗じた数をもとに発生し始めます。条件などにより金額が異なる可能性がありますが、1再生ごとに0.02円〜0.06円の報酬が発生すると言われています。推定報酬、有効視聴数、RPMはCreativity Program Betaのダッシュボードで確認できます。

ただし、動画によっては下記のように除外される条件がありますので、注意しましょう。

Creativity Program Beta報酬の除外対象

・他者のコンテンツから完全にコピーしたコンテンツ。
・他者のコンテンツをわずかに変更して複製したコンテンツ。
・オリジナルの内容やクリエイティブな内容を追加せず、他社の動画や画像を組合わせたコンテンツ。

投げ銭

TikTokには、「バーチャルギフト」と呼ばれる投げ銭機能があります。

これは、ライブ配信時に使用できる機能であり、視聴者は2円から60,000円台の範囲でさまざまなギフトを購入でき、これらをライブ配信中の配信者に送ることができます。

ライブ配信をメインにTikTokを活用している方であれば、使わない手はないと言えるでしょう。

投げ銭機能は、ユーザーと直接コミュニケーションを取りながらリアルタイムで収益化できますが、その分ユーザーを楽しませるエンタメ力が必要です。

また、TikTokライバーへの投げ銭は還元率が30%~50%と言われています。(詳細非公開)

受け取ったコインが全額自分のものになるわけではありませんので注意してください。

ライブ配信で投げ銭を受け取るためには、コミュニティガイドライン、利用規約、プライバシーポリシー、報酬ポリシーに同意し、18歳以上であること、受け取り用の銀行口座とPayPalアカウントを持っていることが必要です。

企業案件

TikTokをはじめとするSNSアカウントを収益化する方法として最も定番なのは、企業案件です。

多くのフォロワーを集め、多くのユーザーに認知されるようになると、

「弊社の商品(サービス)を紹介してもらえませんか?」

という依頼が企業から届くことがあります。

当然商品やサービスをPRするわけですから無料というわけではなく、報酬を受け取って自身のアカウントで商品やサービスの紹介を行っていくことになります。

報酬の計算方法は企業によって異なりますが、

・フォロワー数×○円
・動画再生数×○円

という形で算出されることが多いです。

アフィリエイト

TikTokは、アフィリエイトとの相性が良いです。

よくあるのが、運営しているアフィリエイトブログの集客ツールとしてTikTokを使うという方法。

TikTokを使ってユーザーの興味や関心を集め、そのユーザーを自身のブログに誘導することによって、紹介している商品やサービスを購入してもらいやすくなります。

また、最近ではTikTokのプロフィール欄に商品リンクを貼り、ユーザーをプロフィールに誘導してコンバージョンを目指すというスタイルのアフィリエイトも流行しています。

その他媒体に誘導する場合も、TikTokのプロフィールに誘導する場合も、アカウント設計や導線の確立、ユーザーが興味を持ってくれるような発信など、様々なテクニックが必要になりますので、事前に知識をつけたうえで挑戦しましょう。

自社商品販売

自社で何らかの商品を販売している場合は、TikTokを集客ツールとして活用するのがおすすめです。

先ほども解説したように、TikTokは若年層から人気を集めていますので、10代や20代などをターゲットとしたビジネスと相性が良いです。

また、ターゲットに刺さる商品やサービスを販売することによって、ユーザーの口コミで噂が広まっていくこともありますので、拡散効果にも期待できます。

TikTokを収益化するためのコツ

では次に、TikTokを収益化するためのコツについて詳しく見ていきましょう。

アカウントのテーマを決める

TikTokを収益化するためには、アカウントのテーマを決めることが大切です。

中には、テーマを決めず、思いつきで様々な情報を発信している方もいますが、これでは誰にも刺さらない中途半端なアカウントになってしまいます。

発信テーマを1つに絞り、テーマに沿った有益な情報を発信していくことによって、ターゲットユーザーに対して効率よくアプローチできるようになるのです。

フォロワーを増やすための努力をする

TikTokに限らず、SNSで収益を上げるためには、フォロワーを伸ばす努力をしなければなりません。

最も簡単な方法は、継続的な投稿を心がけることです。

毎日、あるいは2日に1回など、頻繁に情報発信をしていればその分ユーザーの目に触れる機会が増えるため、アカウントを認知してもらいやすくなります。

また、投稿している動画のうち、1つでもバズればフォロワーを一気に増やすことも夢ではありませんので、コツコツ投稿を続けながらフォロワーを集める努力と工夫をしていきましょう。

ハッシュタグを上手に活用して拡散力を高める

アカウント開設初期の頃は、投稿した動画が思っているよりも再生されません。

そんなときは、ハッシュタグを活用してみましょう。

ハッシュタグとは「#」から始まる検索キーワードのことであり、ハッシュタグをつけることによって、そのジャンルやテーマに興味を持っているユーザーに見てもらいやすくなります。

ただし、人気の高いハッシュタグは多くのクリエイターが活用しますので、すぐに動画が埋もれてしまう可能性があります。

そのため、使用するハッシュタグは慎重に選びましょう。

コンテンツの質を意識する

非常にシンプルなことですが、TikTokのアカウントを伸ばし、収益化に繋げるためにはコンテンツの質を重視することが大切です。

中には、

「投稿頻度を意識するあまり、動画のクオリティが落ちてしまった」

という方もいますが、これでは意味がありません。

クオリティの低い動画を毎日投稿するなら、3日1度渾身の動画を投稿した方が収益化に繋がりやすいです。

特に冒頭部分は、ユーザーが続けて視聴するか、下にスクロールして別動画を見るかを判断する重要なポイントとなりますので、

「もっと見たい」

と思ってもらえるような動画作りを目指していきましょう。

アカウントを分析してPDCAを回す

TikTokで効率的に収益化を目指すなら、定期的にアカウントを分析してPDCAを回すことが大切です。

例えば、

・どのような動画が人気を集めているのか
・どの動画をきっかけにフォロワーが伸びたのか

などを分析し、改善していくことによってより質の高い動画を作れるようになります。

アカウント分析については、TikTokのプロアカウントに切り替え、インサイト分析というサービス(無料)で簡単に行えますので、ぜひ試してみてください。

TikTokを収益化する上で注意すべきポイント

TikTokを収益化するためには、

・計画を立てる
・長期視点を持つ

上記2点を意識する必要があります。

無計画で始めたり、短期間で収益を上げようと思ったりすると、収益化までに時間がかかったり、収益化を実現する前に挫折したりする可能性が高くなりますので注意してください。

まとめ

若者から人気を集めているTikTokは、上手に運用することによって収益化を狙えます。

XやInstagramなどに比べてTikTokは歴史が浅いということもあり、現状はライバルがそこまで多くありません。

そのため、今から参入したとしても十分収益化できる可能性があります。

ただ、収益化のやり方には様々な種類があり、それぞれで難易度や稼げる金額が大きく変わりますので注意してください。

また、基本的なポイントやコツを理解しておかないといつまで経っても収益化できなくなりますので、本気で収益化を目指している方は、今回紹介したことを参考にしながら慎重に運用していきましょう。

今から始めるなら7sGoodアフィリエイトがオススメ!

当ブログを運営する7sGoodは、次世代動画ショッピングプラットフォームとして、世界中の面白い新商品を動画で紹介し、中間業者を省略することによって大幅にお手頃な価格で提供しています。

そんな7sGoodが提供するアフィリエイトサービス「7sGood アフィリエイト」は、7sGoodや7sGoodで販売されている面白い新商品をSNSで紹介することによって、報酬を受け取っていただけるプログラムです。

7sGoodアフィリエイトに関する詳細を知るには、下記の記事を読んでみてくださいね。

7sGoodアフィリエイトをリリース!特徴とその魅力を簡単解説

アフィリエイト参加者にはもれなく、下記の3特典をプレゼントしています。

入会すぐに3つの特典をご利用いただけます。500円の入居ボーナス、最大15%の手数料報酬、そして各新規ユーザー注文に対する追加の300円のボーナスがあります。

入会すぐに3つの特典をご利用いただけます。500円の入居ボーナス、最大15%の手数料報酬、そして各新規ユーザー注文に対する追加の300円のボーナスがあります。

SNSでのアフィリエイトを始めたいならば、まずは7sGoodアフィリエイトから初めてみるのはいかがでしょうか?

7sGoodアフィリエイトに今すぐ登録

7sGood Blog編集部

次世代動画ショッピングプラットフォーム「7sGood」ブログ編集部。 日本・海外のEコマースビジネスを日々研究・分析するHHO Limitedから、自社ブランド「7sGood」の利用方法や機能のほか、オンラインショッピング、オンラインマーケティングに関する様々な情報を発信します。